インターネットを使う時に注意する事と対策

誹謗中傷をする書き込みや記事は書かない事

インターネットを生活の中で使用する人は非常に多くなっていてインターネット上のサービスには様々ものがあります。それらは不特定多数の人たちが利用するもので便利なものですが利用する上で守らなくてはいけない事があります。掲示板やブログへの書き込みをする際に事実でない事を書きこんだり特定の人を誹謗中傷するような内容は絶対にいけません。ルールを守ったうえで利用できれば便利なものですが使い方には充分注意する必要があります。

誹謗中傷にあたる書き込みへの対策

特定の人を誹謗中傷するような書き込みなどがされる場合その掲示板やブログの管理権が自分にある場合は書き込みをできる人を限定したり問題のある書き込みを削除していくのが対策として有効です。自分の権限が及ばないところで誹謗中傷が行われている場合はそこを管理している管理人へ連絡をとって対応してもらうか著しく本人に損失を与えるような内容であれば警察への通報も必要な場合があります。誹謗中傷は犯罪行為なので決して軽く考えないようにするべきです。

名誉棄損などで損害賠償も

インターネット上の誹謗中傷によって事実でない事が世間に伝わってしまった場合その個人や企業などが損失を被る事があります。そうなった時被害を受けた個人や企業は損害賠償を求める事もできるのです。問題のある書き込み等をサイトの管理者と相談して対処できるならば良いですが、被害が大きく削除だけでは問題の解決にならない場合は警察に相談する事が必要です。また損害賠償の請求が必要な時は弁護士に相談する必要も出てきます。

ネット誹謗中傷を書き込まれてしまったら、泣き寝入りせずに専門家に相談しましょう。然るべき対策を講じて、広まらない様に処置を行ってくれます。