安いだけじゃない!LED照明に変更するこれだけの理由

交換頻度を減らせるのがメリット

従来の蛍光灯から、LED電球に変更をする人が増えてきています。最も大きな理由としては、電気代が安くなる点がありますね。確かにLED照明に変更をすれば、月々の電気代は数分の一にまで圧縮することができるでしょう。ですが、実はそれだけが人気の秘密ではないのです。LEDは長寿命で、電球の取り換え時期を伸ばせるというのも、人気を支えている理由の一つになります。お年寄りの一人暮らしなら電球の交換だけでも大変な作業になりますが、LEDにしておけばそうした苦労も数年せずに済むので、人気なのもうなずけますよね。

環境に優しいので日本全体のためになる

全世界的に環境問題を考える流れが生まれています。日本も国際社会の一員として、二酸化炭素の排出量は削減していくことを約束しているのはご存知の通りですよね。国や企業がいくら頑張って二酸化炭素を減らそうと努力をしても、それだけでは不十分です。一般の家庭でもLED電球を導入するなどしてサポートしていかなければ、環境立国として存続することは難しくなります。各家庭でLED電球の導入が進めば、公約達成の日も近づくことでしょう。

廃棄時に有害物質が出ないのも凄い

蛍光灯や水銀灯は、廃棄時に有害物質が出てしまうものもありました。環境汚染に繋がりますし、人体への危険性も高いので取り扱いにも注意しなければいけませんでした。しかし、LED電球ならそうした有害物質が最初から含まれていませんから、環境にも人間にも優しいわけですよ。万が一割ってしまったとしても危険性がそれほど高くはないので、その意味でも交換をするメリットは大きいです。各家庭はもちろん、オフィスや作業現場でも導入が進められています。

ledパネルと聞くとあまり馴染みがないかもしれませんが、よく目にする看板に使用されていることが多いです。