ecサイトを運営したい方への基礎知識!恥ずかしく無い様にしっかり頭に叩き込もう!

ecサイトの種類は、自社型とモール型に分かれる

ecサイトの種類は、実店舗の様に自社型とモール型に分かれています。自社型とは、道沿いに直接お店を設ける様な姿ですよ。モール型とは、百貨店などの中で専門店として運営して行く様な姿です。どちらにもメリットとデメリットがありまして、予め頭に叩き込んでおく必要性があります。自社型は、実店舗と同じく人が集まってきてくれるとは限りません。知名度があれば、独占する様な姿でecサイトを運営して行く事も出来ますよね。モール型は、モールに人が多く集まってくる可能性があります。ただし、同業者同士の競争も激しく、出店料としてモール側にお金を支払い続ける必要性がありますよ。知名度が少なく、初めてecサイトを運営する場合は、モール型の運営方法もお勧めですよね。

ecサイトは、作成すれば終わりでは無い

ecサイトは、サイトを作成すれば半永久的にそのサイトを使い続ける事は望ましい事ではありません。実店舗においては、季節に合わせて内装を変えたり、イベントなどを催したりする事もありますよね。ecサイトも同じく、実店舗の様に変化を与え続けて行く事が大切です。更新頻度が少なかったり、装飾の変化が無ければ、そのための費用が無いと判断されてしまいますよ。その結果、流行っていないecサイトに映ってしまう可能性もありますよね。ecサイト運営は、花を育てる様に変化を作りながら運営して行く事がお勧めです。ただし、急激な大きな変化は、リピーターに対して違うイメージを持たれる可能性もありまして注意が必要ですよ。

ユーザーは商品を求めている

ecサイトを運営するに至っては、ショップ名を多くの人に知ってもらいたいと思ってしまいますよね。失敗をしてしまうecサイトに見られる傾向がありますよ。ecサイト名に対する力が入りすぎる事によって、ecサイトがあたかも商品の様な姿になってしまうのです。当たり前の話として、ユーザーはショップを購入するのでは無く、商品を購入する目的がありますよね。ecサイト名は、商品を引き立てるために利用する事が基本です。ecサイトを引き立てるために、商品を扱う事は望ましくありません。実店舗でも同じ事が言えまして、ecサイト自身に意識が集まり過ぎている姿は、ユーザーが見えなくなり人の心が離れて行ってしまいますよね。

ecサイト構築をスムーズに進めるために、プロのシステムエンジニアから助言を受けることがとても大切です。